転職をしようと思っています。ブラックな現在の会社を辞めることは問題はないけど、気になるのはフリーランスエンジニアになった方がずっと年収が高くなると聞いていることです。

転職をしようか?問題はあるか?

転職する

転職を考えているのなら、スキルを知っておきましょう

投稿日:

これから転職をするのなら、職場・業務の何に対して不満を感じているのかを…

転職を考えているのなら、現状の何に不満を感じているのかを洗い出しておきましょう。不満があるから転職したい、と考えるのは分かります。しかし、「しっかりと問題点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、もしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後のモチベーションの低下を防ぎやすくなるはずです。

転職でなくフリーランスエンジニアになることを考えているのなら、自分のスキルがどれほどあるかを知らないとできないはずです。でも自分のスキルってどうやって知ったらいいのだろうか?そんな悩みがあるのなら、エージェントに登録すると、あなたのスキルをしって案件を紹介してくれるから、わかりますよ。
https://www.フリーランスのスキル.com/を見ると、いいエージェントがわかるから、どれか選んで登録するといいですよ。

少し前に転職したというのに、あっという間に…

少し前に転職したばかりだというのに、早期に退職を選択してしまう人がとても多いものです。新しい職場を見つけたものの、「自分の理想と大きくかけ離れていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」といった感じで、退職してしまうのだとか。このような、転職における失敗を避けるためにはとにかく情報収集を徹底する、に尽きます。職場環境、通勤に掛かる時間、給与システムなど、多角的にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、…

求人関連の広告には、「月収」が記載されているはずです。この箇所をチェックする際は、その数値だけで判断しないほうが無難です。案件によっては、月収の内訳に「毎月20時間の残業」が含まれているかもしれません。残業代を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集している場合もあります。そのほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあります。このような表記された数字どおりとなる見込みがない会社には近づかないほうが良いでしょう。

大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、…

大業の多くは、「定期採用」がメインなので、転職希望者には適していません。また、地方ではそのチャンスがさらに小さくなります。でも、「製造業」の企業あれば、地方の工業団地などを拠点としている可能性があります。そのような工場なら、事業拡大時に、「途中採用」を行っているので、このチャンスを利用するのが無難です。地方の工場を転職に考える場合、希望する会社についての予備知識を得ておきましょう。公式サイトを見て、求人の予定がないか、ときどき確認してみましょう。

一昔前の求人情報では、雇用側の希望する「性別」が記載されていました。…

一昔前の求人情報では、雇用側の希望する「性別」が記載されていました。しかしながら、「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用時、男女の差別をしてはならないという決まりになり、求人情報のなかに「性別」の表記ができなくなりました。ですが、求人情報を出す側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。実際、男性が欲しい案件に、女性が応募してきたり、女性が必要な案件に男性が来てしまい、といった感じのトラブルが多々発生しています。例として、「女性が活躍する職場です」と記載される案件の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうが無難です。

安定を求めて正社員になりたいとですが、いくら頑張っても…

安定した生活基盤を手にするべく「正社員」を目指している人はかなりいます。でも、かなり頑張っても、正社員としての転職が叶わないケースも少なくはいはずです。「契約社員」の求人があるのに「正社員」の求人に執着し、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。もしもあなたが、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、「契約社員」の募集も選択肢に加えてみましょう。企業の一部は、成果次第で2,3年で正社員への転身ができることもあるからです。面接を受ける際に、「正社員登用」の有無を質問しておくと今後の役に立ちます。

求人情報をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど…

求人情報をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」という人ほど「製造業」を見ようとしないものです。そのような人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勘違いしていたりします。「製造業」での求人であっても経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に関するお仕事もとても多いです。しかし、「製造業」の職場はオフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いのでそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。でも、自分のこだわりを捨てることによって素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

今の職場や仕事の中身について何かしらの不満があるはずです。…

今の職場・仕事内容について何かしらの不満点があるはずです。「自身のスキルや仕事での能力を真摯に評価してくれない」または、「給料アップも、昇進する可能性も見いだせない」といった点を挙げる人が少なくありません。でも、その手の悩みを盛っている人の一部には、自分自身の本来の能力を「過大評価」していることが少なくありません。そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と転職の空白期間が長くなるおそれがあります。転職活動で良い成果をあげるためにも、自身の能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。

-転職する

Copyright© 転職をしようか?問題はあるか? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.