転職をしようと思っています。ブラックな現在の会社を辞めることは問題はないけど、気になるのはフリーランスエンジニアになった方がずっと年収が高くなると聞いていることです。

転職をしようか?問題はあるか?

転職する

人材会社へと登録に行きました。カウンセリングを行うために現れた

更新日:

転職活動を成功させるには、必ず自分自身の

転職活動を行う際は、常に自分の心のうちが落ち着いていることをとても大切にしたいものです。在職中に転職の活動をするのであれば、あんまりないかもしれませんが、退職後に行うのだったら、どうしても内心が焦りが出てしまいます。そういった点を理解し、冷静に活動してみましょう。あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを明瞭にしてみましょう。実際の職場とのそれらが合致しているかどうか、再度、冷静になって見極めていきましょう。この手間を掛けることで転職で良い結果を出しやすくなります。

一般的に大手企業は「定期採用」で人材を確保するため、

たいていの場合は大手企業は定期採用中心で、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。おまけに、都市近郊部~地方となると転職の見込みは多くはありません。ただ、製造業の企業の場合においては、都市部でない地方の工業団地等に運営していることがとても多いです。さらに、そういった場所では、事業分野の拡大の際に「途中採用」をしていることがよくあるので、この好機に転職を考えるのも悪くありません。地方の工場に転職したいなら、転職を希望する企業についての情報をあらかじめ得ておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人予定の予定はあるか、頻繁にチェックされることをお勧めします。

仕事をするにあたり、心的に相当につらくなってしまい、

仕事をするにあたって精神的に厳しくなって、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そんな時は、相談するのは会社でなく自分の家族と相談し、退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜかというと、働くことは当事者であるあなた自身ではあります。が、しかし家族の問題が第一でもあるからです。毎月、どれだけ高い報酬を得られたとしても、精神面がボロボロになるまで働くことは、良いとは言えません。昨今は、経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを優先する生き方も認められつつあります。ですから、家族や、あなたの心と体を大事にしましょう。

転職をするとき、最初に、ハローワークの求人票を見たりして

転職を行うとき、予め、ネット上で転職関係のサイトを見たりして転職したい会社を調査するはずです。とはいっても、当該会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントが主導している場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠すプロでもあります。たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」についてはそれを鵜呑みにするのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、あれこれ理由をつけて辞めさせないよう仕向けてきます。このようなブラック企業には注意が必要です。

人材会社へと登録に行きました。カウンセリングを行うために現れた

転職の準備をしておこうと人材会社へ登録に行きました。そこでカウンセリングの際に現れた担当の方がどうも社会人経験の少ない社員のようで、私が説明したことの半分ほども理解できていない模様。にもかかわらず「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと自分の強みを知ることが大事でしょう」とか、大上段から横柄に話すので非常に不愉快でした。カウンセリング担当者はそれなりにカウンセリングの経験がある人にしてほしいです。

-転職する

Copyright© 転職をしようか?問題はあるか? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.