転職をしようと思っています。ブラックな現在の会社を辞めることは問題はないけど、気になるのはフリーランスエンジニアになった方がずっと年収が高くなると聞いていることです。

転職をしようか?問題はあるか?

転職する

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。その後

更新日:

新しい職場の社員になりたいと転職をする活動をしている中の

新しい職場につきたいと転職をしようとがんばっている人の大半は「一刻も早く内定がもらいたい」と考えてしまうはずです。ですが、それで通知が得たいばかり、自分自身の能力に関して嘘をついたり、反対に自分を過小評価にしかならない売り込みをするのは可能な限り避けましょう。そうではなくて、焦る気持ちをこらえて、冷静になりつつ、自分に最適の職場を見つけることに専念しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を賢く探していきましょう。

そろそろ転職をするのなら、今の仕事や業務

今からでも転職を希望しているのなら、現在の業務や仕事の何が気に入らないのかをハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不満が大きいから転職しようと思っているはずです。でも、「しっかりと現状の業務や仕事の客観的に考えた不満点を明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そして、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできるでしょう。

自らが勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、

自らが求職中のころ何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルも本当にまちまちでたいていの場合、満足できない感じるアドバイザーばかり。こっちは人生の大事な事なのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという感情がいっぱいになってしまいました。それがきっかけで自分がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格の取得はお金も必要でしたし勉強に関してもかなり大変ですが、就職活動中の人たちにアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえるように頑張っています。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、現在の安倍内閣ではアベノミクス「三本の矢」といった形で経済に関係する政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間においてもあたらしい社会的な変化が巻き起こりつつあります。そのこともあって一般の企業では若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻化しています。ちなみに、「外国人労働者」の総数を増加させ人材確保に務めていくであると現内閣は宣言しています。日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用や転職事情にも、大きな影響が出てくるのは間違いありません。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。その後

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に受かりました。その後担当者から面接日時を告げられました。当日、指定された場所へ行ってみると、なぜなのか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。しばらく待って、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、最初から最後まで、非常に面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接を終えました。が、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、ガマンできなくなり、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未着でそこで再度問い合わせてみた結果、なんと、「残念ですが不採用」ということで、その直後、電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ果てて何も言えませんでしたが、本当は、採用されなくて良かったと感じています。

-転職する

Copyright© 転職をしようか?問題はあるか? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.